• -ブログ-
    BLOG
セキュリティに関するあれこれ

防犯カメラや監視カメラのことをもっと詳しく知りたい!
最新のセキュリティはどうなってるの?
ど様々な情報を発信しているマルチックブログです。

防犯カメラや監視カメラ導入をお考えの企業様から個人様まで幅広く閲覧していただけますと幸いでございます。

ブログBLOG

年末年始にかけて資材置き場の防犯監視カメラの強化を

予算消化などの影響で年末年始は土木や建築ラッシュになることが多々あり、正月休みもないくらい資材置き場を抱える企業様は大忙し。
人やトラックなどの出入りも激しく資材自体の入れ替わりも激しいのでチェックなどが緩慢になります。
そこで毎年発生するのが盗難です。今年こそは防犯監視カメラの強化により、この忙しい時期をわざわざ狙ってくる窃盗団の証拠を録画してしまいましょう!

■資材置き場の防犯監視カメラの強化で100⇒15
この100⇒15という数字の変化で何か想像がつきますか?
これは実際に防犯監視カメラを増設やわざとアピールした結果、100社の被害が15社までに減ったという意味となります。

ゼロにならなかったのは非常に残念ですが、85%の資材置き場で盗難被害がゼロになったのは特筆すべきことです。
残りの15%の資材置き場も、資材自体の置き方や置き場などを工夫や強化していけば必ず被害がゼロに近づけるハズです。

どのように強化したかと言いますと、
・単純に防犯監視カメラの台数を増やした
・至る所に警告文を出した
・ネットワークカメラによりリアルタイムで監視した

となります。
特に”ネットワークカメラによりリアルタイムで監視した”こちらは大きな成果を上げており、本当は非常に危なく真似をしていただきたくはないのですが、窃盗団が暗躍している最中にリアルタイムで監視を続けパターンが読めたところで出入り口を閉鎖し警察を呼び無事御用。

という刑事ドラマのような展開になったケースもあります。

■資材置き場の防犯監視カメラの強化で売上アップ!!
資材を盗難されなくなったからではありません。
これも本当はあってはいけないことなんですが、あまりの忙しさで少し乱雑になったりし資材が壊れてしまったり、ダラダラ仕事をして効率が悪かったケースも正直ございました。

しかし資材置き場の防犯監視カメラの強化を伝えリアルタイムで監視することによりどうしてもダメな従業員は退社を促し仕事の出来る職人集団へとより生まれ変わった結果…売上がアップしたそうです。

やはり全員が同じ目標に向かい作業を行うことで単純ですが作業効率が非常に上がったそうですので、防犯監視カメラの効果がこんなところでも見受けられました。

■まとめ
年末年始は非常に窃盗団が暗躍する時期です。
近年、資材置き場の資材の盗難が相次いでおり対策が急務となっております。
警備員などを配置することも大切ですが夜間の盗難が非常に多く、その対策といたしましては暗視機能を備えたリアルタイムのネットワーク防犯監視カメラです。

資材の盗難による金銭的被害、顧客へのご迷惑、無理な盗難による資材の倒壊などの安全面、万が一の鉢合わせによる生命の危機。

色々なリスクをはらんでおります。
この年末に向け一刻も早く資材置き場の防犯監視カメラの強化をおすすめいたします。

マルチック株式会社では有資格のセキュリティアドバイザーが御社へ伺い実際に現場を拝見しどこに何台、どのタイプのカメラが必要なのかを的確に判断しご提案させていただきます。
企画・販売・設置・サポートと全てをワンストップで行っておりますのでお気軽に御相談・ご連絡をお待ちしております。