• -ブログ-
    BLOG
セキュリティに関するあれこれ

防犯カメラや監視カメラのことをもっと詳しく知りたい!
最新のセキュリティはどうなってるの?
ど様々な情報を発信しているマルチックブログです。

防犯カメラや監視カメラ導入をお考えの企業様から個人様まで幅広く閲覧していただけますと幸いでございます。

ブログBLOG

見分けられたら終わり!ダミーの防犯監視カメラの脆さ

非常に危険な情報が入ってまいりました…。ダミーカメラを見分ける為の情報を漁りまくっているユーザーが急上昇中です!!
確実に稼働している本物の防犯監視カメラのセキュリティから逃げたり、避けたりするよりもダミーカメラを見分けるほうが何倍も安全で楽ですから。
ダミーカメラだということが見分けることさえ出来れば、あとはちょっと無理なやり方でも強引なやり方で犯罪を犯したとしても映像として残ることは100%ないのでその犯罪自体も残念がら上手く行ってしまうことが多いです。

■ダミーカメラが非常に多い単純な理由
日本は確かに犯罪が世界的に見ても非常に少ない国です。
しかしそれを知った不良外国人がどんどん日本に入国しオーバーステイからの犯罪を犯している件数は統計上、年々増えています。

中には日本人が外国人を雇い犯罪を犯さしている場合もございます。
その時です。
このダミーカメラを見分けようとしているのは。

企業の給料日やボーナス時を知っていたり、会社の金庫に大量の現金を保管している情報を掴んだりしたらあとは防犯監視カメラの問題だけです。
ここがダミーカメラと見分けることが出来ればその犯罪は90%以上終わったようなものです。

【まさかうちが…】

ダミーカメラを設置していてまんまと見破られてしまい被害に合われた皆さんがおっしゃるのが上記の【まさかうちが…】です。
オーナー様の傲りとケチり。
その2点だけです…。

■ダミーカメラじゃないと逆見破りされた場合はターゲットから除外
皆さんの店舗や会社の防犯監視カメラが
【ダミーカメラではない!】
【正真正銘の高性能な本物だ!】
と逆見破りされた場合は、その時点で犯罪のターゲットから外されます。

他にダミーカメラゴロゴロしているのにそんなセキュリティがしっかりしている所へ執着する必要は無いですからね!
ルパンみたいに世界でたったひとつの絵画や宝石を狙う…。
という国際的な窃盗団でしたらもしかしたらありえますが、そんなレアな宝物がある店舗や会社はセキュリティも言われなくてもガチガチだと思います。

そして怖いのは物だけじゃないんです。
犯罪者は【今日いくね~】とは連絡してきませんのでスタッフやオーナー様をもしかしたら拘束するプランかもですし、鉢合わせたら最悪の事態も辞さない覚悟かもしれません。

これだけはどうにもこうにもコントロール不可能ですので本当に甘く見てはいけません。
ダミーカメラのままでいただけで…。後悔されても遅いです。

■まとめ
今の犯罪集団は防犯監視カメラがダミーカメラかどうかをまず見破ろうとしたり判別しようとしたり見分けようとします。
店舗や企業だけではありませんよ。
自治体や商店街、マンションやアパートなども要注意です。

変質者や性犯罪者も同じように防犯監視カメラがダミーかどうかを日々見分けようとして弱い女性や子供を物色いたします。

財産や命を守るのは自分自身です。
まさかうちが…そうならぬ前にしっかりとした防犯監視カメラの導入を行ってください。

マルチック株式会社では防犯監視カメラの企画・販売・設置・アフターサポートまで専任の有資格セキュリティアドバイザーが担当いたします。
今現在の防犯対策や防犯状況で充分なのかなどのチェック等も行っております。

お気軽に御相談・ご依頼お待ちしております!