• -ブログ-
    BLOG
セキュリティに関するあれこれ

防犯カメラや監視カメラのことをもっと詳しく知りたい!
最新のセキュリティはどうなってるの?
ど様々な情報を発信しているマルチックブログです。

防犯カメラや監視カメラ導入をお考えの企業様から個人様まで幅広く閲覧していただけますと幸いでございます。

ブログBLOG

人手不足を監視カメラシステムで賄う利点

どの業界も人手不足が騒がれ今年度の就職活動も売り手市場だと言われています。
人手不足の問題点は様々あり、一番は既存のスタッフが過度な労働環境に置かれミスなどを起こしてしまうなどのデメリットがございます。
監視カメラシステムで人手不足を効率的に賄いそのような事態に陥らないようにする方法や利点をご提案させていただきたいと思います。

人手不足による過度な労働環境は集中力を切らし、他の業務にもミスを生み、最悪の場合は怪我や事故の原因となってしまいます。
実際に従業員が何かをしないといけない場所はロボットなどの代替えが必要ですがチェックという部分でしたら監視カメラで充分賄うことが可能です。

■病院や介護施設などで効果を発揮
年々増加する医療費や介護費。
増加しているということは、それだけ患者さんや入所者などが増えているとの裏返しでもあります。

しかしそれに対する医療従事者や資格を持っている方は、その増加と比例して増えているわけではなく既存のスタッフが一人で何役も賄っている状況です。

あの人もこの人も見ないといけないのは性質上当たり前ですし、重要なことですが一人に集中している時に他の何人もの患者さんや入所者さんを100%把握できるかといったら誰にも出来ないでしょう。

それらを防ぐため、出来るだけ一人の方に対して丁寧にマンツーマンで応対することが本来は望ましいのです。
監視カメラシステムを導入することにより、あと一人だけ人員を増やせば別室での確認が一度に行うことが出来、他室での不意のトラブルにもインカムや放送などで即座に対応することが可能となります。

■保育所や幼稚園などの人手不足も解消
病院や介護施設と並び人手不足を騒がれているのが保育所や幼稚園などです。
小さな子供を預かる身なので、より緊張感が途切れる事なくスタッフは過度の疲労やストレスに苛まれ離職が後を絶たず、残った者にまた負担が伸し掛かる。
という至急改善が必要な悪循環へと陥っております。

こちらも園児全員を見守り把握するのは困難の技。
職員室などからどの部屋のどの子も確認することが出来れば喧嘩や怪我などのトラブル、体調変化などをいち早く見抜くことが可能となり、より安全安心な場所になるだけではなく、現場の先生方も目の前のことに集中出来るようになり負担が軽減されると予想されます。

■まとめ
監視カメラは使い方次第で人手不足を補ったり賄ったりすることが可能となります。
ご予算的などの関係で厳しい面もございますが、スタッフの疲労による万が一の事故や離職による倒産を迎えるよりは全ての人が助かることになります。

オーナー様はこのような現実を今一度受け入れ便利な監視カメラを有効的にご利用戴いてみては如何でしょうか?